お知らせinformation

きもの豆知識№12 「着物の四季のお話し」

着物の四季は、ご存じのとおり10月から翌年5月までは袷の着物、

6月と9月は単衣の着物、7月8月は夏の着物が基本ですが、

中に着る長襦袢は少しづつずらして着物に合わせるという事を

ご存じない方もおられる様です。つまり、11月から翌年4月までは袷の長襦袢

、5月と10月は単衣の長襦袢、6月から9月は夏の長襦袢が基本となります。

ですので、11月から翌年4月までは袷の着物に袷の長襦袢、5月10月は

袷の着物に単衣の長襦袢、6月9月は単衣の着物に夏の長襦袢、

7月8月は夏の着物に夏の長襦袢となります。むろん、地域や気候によっても

若干異なる場合もあります。また季節先取りといってちょっと早くに

次の季節のものを取り入れ事もあるようです。

明石 大久保中学校男女学生服注文受付

明石市立大久保中学校の男女学生服を受付しております。

夏冬服同時申込みされましたら、夏服お渡し時(5月中)に半袖カッターor

半袖ブラウスを1枚と洗濯ネットをサービス致します。お早目にご注文ください。

image1 image3 image5 image7

 

学校指定 学制服販売店 明石大久保駅前 はいの 詳しくはこちら

明石 大久保北中学校男女学生服注文受付

明石市立大久保北中学校の男女学生服を受付しております。

夏冬服同時申込みされましたら、夏服お渡し時(5月中)に半袖カッターor

半袖ブラウスを1枚サービス致します。お早目にご注文ください。

大久保北中男子チラシH29.11

大久保北中女子チラシH29.11

学校指定 学制服販売店 明石大久保駅前 はいの 詳しくはこちら

きもの豆知識№11 「足袋(たび)のお話し」

今日では足袋は防寒という実用目的だけでなく、儀礼的意味も多分に

もっています。礼装に際して、誰しも足袋を履く習慣となっているは、

その表れです。この儀容と実用という相反する足袋の性格は、足袋が

二つの系統から発達してきたことを物語っています。

第一の系統は、奈良時代に制定された礼服(らいふく)や朝服(ちょうふく)

一具の中に含まれてきた襪(しとうず)です。襪(しとうず)は指先の分かれて

いない靴下式で、礼服には錦(にしき)、朝服には白絹(しろぎぬ)が生地と

されていました。この朝服の襪はその後束帯に受け継がれ、白絹の襪は

儀客を整えるための必需品であり、貴人の用いるものとされてきたのです。

これに対して第二の系統は、専ら足の保護や保温を目的として革製の単皮

(たひ)から出発したもので、室内より室外で履くものとして武家や庶民の

間で用いられました。

振袖レンタル通販サイトに、新商品の振袖21点を追加しました。

ご好評につき、振袖レンタル通販サイトに、新商品の振袖21点を追加しました。

→ 振袖レンタルネットショップはこちら

→ 追加の新商品はこちら